2006年03月30日

乙武洋匡

まわりの人に、どれだけ優しく生きられるのか。
どれだけ多くの人とわかり合えるのか。
どれもむすがかしいことではあるけれど、これが実践できれば、ボクの人生は幸せだったと胸を張れる気がする。




乙武 洋匡
五体不満足』より

*先天性四肢切断(生まれつき両腕両脚がない)という障害を持っており、移動の際には電動車椅子を使用している。 大学時代に早稲田のまちづくり活動に参加。このまちづくり活動を取材したNHKの番組出演がきっかけで、障害者としての生活体験をつづった『五体不満足』を執筆し、出版。屈託のない個性と「障害は個性」と言い切る新鮮なメッセージがあいまって大ベストセラーとなった。
 また学生時代から報道番組にサブキャスターとして出演。
posted by 太陽な名言 at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生に対する名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。